トップページ > ショッピングセンター一覧 > 株式会社こうべ未来都市機構×神戸芸術工科大学『パネルアート・プロジェクト』
ショッピングセンターのご案内:詳細

株式会社こうべ未来都市機構×神戸芸術工科大学『パネルアート・プロジェクト』

株式会社こうべ未来都市機構では、魅力ある空間の創出と地域の産学連携の新たな取組みとして、神戸芸術工科大学への研究委託により、当社の運営する5つのショッピングセンターにおいて、店舗入替え時に設置する空き区画を囲うパネルをキャンバスに学生達が作品を制作する「パネルアート・プロジェクト」を実施しています。

店舗の入替え時に設置する“仮囲い”は、「殺風景」「圧迫感」など、ショッピングの“楽しさ”を半減させる印象を与えていました。そこで、神戸芸術工科大学で学ぶ学生達が、神戸のまちなみや自然、神戸の暮らしや時間などをテーマにオリジナルのデザインを制作し、神戸のまちの楽しさや魅力などをパネルキャンバスに表現してもらうことで、お買い物の時間を楽しく演出します。

今後、5つのショッピングセンター内に、それぞれ新たなデザインでパネルアートを展開してまいります。美術を学ぶ若い世代の作品発表の場所としてショッピングセンターの一角を活用するとともに、地域のお客様へ毎日のお買い物の風景に彩を加えます。

1.制作

神戸芸術工科大学 芸術工学部 アート・クラフト学科
(指導教官  戸矢崎満雄 教授、 中山玲佳 助教)

2.展示場所

【第1弾】セリオ「神戸の魅力をバッグにつめて」※作品の展示は終了しています。

「セリオ」(市営地下鉄「西神南」駅前)
1階インフォメーション向い空き区画

制作者
臼井 春花さん、大内 涼花さん、奥田 啓斗さん、福島 佑菜さん、金 知?さん、北口 奈美さん、長屋 さくらさん、下手 美空さん、砂本 展孝さん、矢野 達也さん、後藤 渓さん

ポートタワーや異人館、夜景など、神戸のイメージを11人の学生がそれぞれのバッグで表現しました。

【第2弾】プレンティ「神戸の街と花」※作品の展示は終了しています。

「プレンティ」(市営地下鉄「西神中央」駅前)
一番館1階 パークアベニュー沿い(グリーンパークス隣)

制作者 山田 菜月さん

「神戸市を構成する9区にある、重要文化財や各区の区の花を海と山をイメージしたリボンで繋ぐ、ということを意識して考えました。」


作品モチーフ (画像左から右へ)

西区…太山寺本堂、ナデシコ/北区…若王子神社本堂、スズラン、キク/垂水区…移情閣、ゼラニウム/須磨区…福祥寺本堂、コスモス/長田区…長田神社、サルビア/兵庫区…能福寺、パンジー/中央区…旧トーマス住宅(風見鶏の館)、ペチュニア/灘区…旧ハンター住宅、マリーゴールド/東灘区…旧村山住宅洋館、梅

【第3弾】須磨パティオ「海側から観た神戸の街並み」※作品の展示は終了しています。

「須磨パティオ」(市営地下鉄「名谷」駅前)
1番館1階 食料品ゾーン「山庄 宇治園」前

制作者 北口 奈美さん

「山と海に囲まれた爽やかな神戸をイメージして描きました。穏やかな雰囲気が少しでも伝われば嬉しいです。」

【第4弾】プレンティ(神戸の風景を描いた4作品による連作)

「プレンティ」(市営地下鉄「西神中央」駅前)
二番館1階「はなまるうどん」奥

制作者 砂本 展孝さん

「タイトル」/場所/コメント
林の絵 「待ち時間」/神戸市須磨区横尾
カレー屋が開店するまでに時間があったので訪れた場所。あの時のカレーを思い出す。

地平線の絵 「見えない」/神戸市西区櫨谷町
目が悪いからではない、先を見ようとするが、※※しか見えない。

夕日の絵 「暖気」/西神中央公園
12月、この日は暖かかった。

紫陽花の絵 「女性」
神戸市民の花ということで選んだ。

【第5弾】セリオ「彩る葉」

「セリオ」(市営地下鉄「西神南」駅前)
2階「Honeys(ハニーズ)」隣

制作者 藤原 美南さん

イメージした場所/神戸芸術工科大学の建物に生えていたツタ
「瑞々しい緑や紅葉の赤など、様々な色の葉を描きました。懸命に生きる植物の活力を意識しました。」

【第6弾】パティオ「神戸の魅力をバッグにつめて」

「パティオ」(市営地下鉄「名谷」駅前)
1番館2階 須磨大丸連絡口横

※第1弾で展示したデザインを、区画に合わせて再構成し展示しています。

【第7弾】プレンティ「神戸バルーン」

「プレンティ」(市営地下鉄「西神中央」駅前)
二番館2階「レリアン」隣

制作者/コメント

日高 明日奈さん
「神戸の街並みで自分が一番好きな風景を題材に、人々がショッピングを楽しむ様子を描きました。華やかで楽しい時間が早く戻って来ますようにという思いを込め、人の顔を花で表現しました。」


柏原 千伽さん
「こどもの頃から見慣れた、神戸らしい景色を描きました。」


桝井 健汰さん
「神戸とその周辺地域の風景や物を巡るように丸く配置してみました。」


吉田 瑞希さん
「神戸のイメージとしてまず思い浮かんだものとして、「おしゃれ」という言葉が出てきました。そこから連想して特産品である神戸ワインを描きました。」


菅 まなみさん
「小さな子どもも見るような場所に似合った可愛らしい作品を描くことが出来たと思います。」



引き続き、新しい作品を制作・展示していく予定です。ぜひ館内で作品をご覧ください。
ページの先頭へ